尿のお悩み

こんなお悩みはございませんか?

  • 咳やくしゃみをしただけで、尿が漏れる
  • 尿が我慢できず、漏れてしまう
  • すぐにトイレに行きたくなる(頻尿)
  • 就寝中、何度もトイレに行きたくなって起きる
  • 尿が赤い(血尿)
  • 排尿時に痛みがある(排尿痛)
  • 尿が出にくい(排尿困難)
  • 残尿感がある

など

このような症状でお悩みでしたら、お気軽に大阪市中央区の山口泌尿器科までご相談ください。

尿漏れ(尿失禁)でお悩みの女性が大勢いらっしゃいます

40代以上の女性のうち、3人に1人は尿漏れの経験があるとされています

40代以上の女性のうち、3人に1人は尿漏れの経験があるとされています

尿漏れ(尿失禁)のお悩みは、なかなか人には話せないものだと思います。

そのため、お一人でお悩みになり、トイレのことが気になるあまり、積極的に外出できないという方も。

そのまま適切な治療を受けずに放っておいたら、お友達と出かけたり、趣味に没頭できなかったりするなど、QOL(生活の質)の低下を招くことも。

現在、日本の40代の女性のうち、3人に1人が尿漏れの経験があるとされています。

多くの女性が悩んでいる「よくあるお悩み」ですので、恥ずかしがらずに、是非、当院で適切な検査・治療を受けていただければと思います。

当院では、尿漏れの改善に効果的な治療機器「ネオコントロール(骨盤底筋治療システム)」を導入しています。

1998年にFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けるなど、世界的にも認められている機器で、高い効果が期待できます。

尿漏れ(尿失禁)とは?

自分の意思とは無関係に尿が漏れてしまうことです

自分の意思とは無関係に尿が漏れてしまうことです

尿漏れとは、ご自身の意思とか関係なく、尿が漏れてしまうことをいい、女性に多くみられます。

尿漏れは大きく分けて、「腹圧性尿失禁」「切迫性尿失禁」「溢流性尿失禁」という3つのタイプに分類されますが、最も多いのが腹圧性尿失禁です。

この場合、骨盤底筋の緩みにより、咳やくしゃみなどで、腹部に少し力が加わっただけでも尿が漏れてしまいます。

尿漏れの原因

女性の尿漏れの原因は、大きく分けて2つあります。

男性よりも尿道が短く、直線に伸びている

女性と男性では、尿道の長さや形が異なります。女性の場合、男性よりも尿道が長く、膀胱から直線に伸びているため、少し力が加わっただけでも、尿が漏れてしまう場合があるのです。

出産により骨盤が開く

女性の尿漏れの大きな原因の1つに、出産があります。

出産時には、産道だけでなく、骨盤も大きく開くことになります。
その結果、骨盤底筋が緩み、支える力が弱くなって尿漏れを起こしやすくなります。

尿漏れのタイプ

腹圧性尿失禁

咳やくしゃみなど、腹部に力が加わることで、尿が少しずつ漏れてしまうタイプです。

骨盤底筋の緩みが主な原因です。

女性ホルモンが低下する閉経前後は、特に腹圧性失禁が悪化しやすいとされていますので、ご注意ください。

切迫性尿失禁

「トイレに行きたい」と思っても、我慢できず、尿が漏れてしまうタイプです。

腹圧性尿失禁と合併することもあります。
膀胱が過敏な状態になっている(過活動膀胱)ことが、原因とされています。

溢流性尿失禁

ご自身が気づかないにうちに、膀胱が尿で一杯になり、溢れるように漏れてしまうタイプです。

主な原因として、お薬の影響、手術の影響、帯状疱疹などが挙げられます。

放っておくと、尿路感染症や、腎臓障害などを引き起こす場合がありますので、お早めに当院までご相談ください。

ネオコントロール(骨盤底筋治療システム)

ネオコントロールとは?

ネオコントロールとは?

当院では、尿漏れの改善に効果的な治療機器「ネオコントロール(骨盤底筋治療システム)」を導入しています。

これは、1998年にFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けるなど、世界的にも認められている機器です。

椅子の座面から発生する磁気で、弱った尿道周囲の骨盤底筋を刺激し、緩んだ筋肉を強化することで、尿失禁や頻尿など、幅広い症状を改善することが可能です。

ネオコントロールの特徴

骨盤底筋を鍛えて尿漏れを改善します

膀胱や子宮は、骨盤底筋で支えられています。

しかし、出産などの影響でこれが緩むと、膀胱や尿道が垂れ下がってしまい、尿の蛇口の役目をはたしている筋肉(尿道括約筋)の締まりが悪くなり、尿漏れを起こしてしまいます。

ネオコントロールでは、この骨盤底筋が鍛えられるため、腹圧性尿失禁や、切迫性尿失禁を改善して、尿が我慢できるようになります。

椅子に座っているだけで治療が受けられます

ネオコントロールの治療は、非常に簡便です。

お着替えの必要もなく、普段着のまま椅子に座っているだけで、治療が受けられます。

治療時間は1回22分で、週2回通院していただきます。
合計20回が治療終了の目安で、その時点で症状が改善されたかどうか、適切に診査・診断します。

痛みはなく、電極を貼る必要もありません

ネオコントロールの治療では、痛みはありません。

また、お体に電極を貼る必要もありません。
お体を傷つけることなく、椅子に座ったままの状態で、安心・安全に治療が受けられます。

年齢や症状の軽重にかかわらず、治療が受けられます

ネオコントロールに年齢制限はありません。
また、症状の軽重も問いません。

幅広い方が気軽に治療を受けることができます。

ただし、妊娠中または妊娠の可能性がある方、埋め込み型心臓ペースメーカーを入れられている方、人工関節など骨盤に金属を埋め込まれている方、不整脈の既往歴のある方などは適応となりませんので、あらかじめご了承ください。

男性の方も一度ご相談ください

ネオコントロールは本来、女性を対象とした治療機器ですが、男性の尿漏れ、頻尿、慢性前立腺炎にも効果が期待できるとされていますので、ご希望の方は、一度当院までご相談ください。

ネオコントロールの治療

検査

患者様の症状によっても異なりますが、通常、問診や尿検査を行います。

症状によっては、他の検査が必要になる場合もあります。

治療

普段着のまま、治療用の椅子に座っていただき、椅子の座面から発生する磁気で、弱った尿道周囲の骨盤底筋を刺激し、緩んだ筋肉を強化していきます。

1回の治療時間は22分で、週2回通院していただきます。

合計20回が治療終了の目安で、その時点で症状が改善されたかどうか、適切に診査・診断します。

top

ウェブ予約

0667648818