腎臓のお悩み

こんなお悩みはございませんか?

  • 片方の腰が痛い
  • 背中が痛い(腰に近い部分)
  • 左右片方の腰から側腹部にかけて、痛みがある
  • 尿が赤い(血尿)
  • 排尿時に痛みがある(排尿痛)
  • 残尿感がある
  • 高熱(発熱)
  • 吐き気や嘔吐
  • 腹部に痛みがある
  • 腹部にしこりがある

など

このような症状でお悩みでしたら、お気軽に大阪市中央区の山口泌尿器科までご相談ください。

主な腎臓の病気

尿路結石

尿路結石

結石とは、腎臓などでできる、分泌液が石のように固まったものをいいます。

結石ができる場所によって、「腎結石」「尿管結石」「膀胱行結石」「尿道結石」と名称が変わります。

腎臓、尿管、膀胱、尿道という尿路に結石ができることから、これらはまとめて「尿路結石」とも呼ばれます。

結石が腎臓にある間は、ほとんど症状はありません。

しかし、尿管へ移動すると、激しい痛みをともなうようになります。
女性よりも男性に多くみられ、再発率が高いのが特徴です。

尿路結石の原因

結石ができる大きな原因として、食べ過ぎや、栄養バランスが偏った食事(高脂肪・高タンパクな食事、野菜や海草の不足など)といった食生活の乱れが挙げられます。

そのため、結石を予防するためには、食生活の改善のほか、小まめな水分補給、ダイエットなどが重要となります。

尿路結石の症状

結石ができる場所によって、症状が異なります。

腎臓にある場合は、ほとんど痛みなどの症状は現れませんが、尿管や膀胱などにできると、腰から背中にかけての激しい痛みなどが現れます。

  • 血尿
  • 背中から腰にかけての激しい痛み
  • 左右片方の腰から側腹部にかけての激しい痛み
  • すぐにトイレに行きたくなる(頻尿)
  • 排尿時に痛みがある(排尿痛)

など

尿路結石の治療

結石の大きさが7~8mm程度であれば、通常、自然排石が可能です。

そのため、水分の摂取量を増やしたり、点滴を行ったりして、結石を体外に排出します。

結石が大きい場合には、体外衝撃波結石破砕(ESWL)で結石を細かく砕いて排石したり、内視鏡を使って摘出したりするなどの治療を行います。

腎盂腎炎

腎盂腎炎とは、腎盂(腎臓内の尿が溜まるところ)内で細菌が繁殖することで、腎臓で炎症が起こることをいいます。
急性と慢性に分けられ、それぞれで現れる症状は異なります。

外尿道口と肛門が近い女性に多くみられます。

腎盂腎炎の原因

腎盂腎炎は急性と慢性に分けられ、急性腎盂炎の主な原因は、大腸菌の感染です。

そのほか、緑膿菌や腸菌の感染が原因となることもあります。

細菌の感染経路で最も多いのは、外部から尿道をさかのぼる上行性感染で、尿道炎、前立腺肥大症、尿路結石などがあると、これが起こりやすくなります。

急性腎盂腎炎が慢性化し、再発を繰り返したり、無症状で長期間経過したりしたものを、慢性腎盂炎といいます。

腎盂腎炎の症状

急性と慢性で、現れる症状は異なります。

急性腎盂腎炎の症状
  • 高熱(発熱:38℃以上の場合が多い)
  • 寒気
  • 血尿
  • すぐにトイレに行きたくなる(頻尿)
  • 排尿時に痛みがある(排尿痛)
  • 腎臓の痛み
  • 腰の痛み(ほとんどの場合、片側)
  • 吐き気や嘔吐
  • 全身のだるさ

など

慢性腎盂腎炎の症状
  • 全身のだるさや頭痛などの不定愁訴
  • 食欲不振
  • 吐き気や嘔吐
  • 発熱
  • 腰から背中にかけての痛み

※無症状の場合もあります

腎盂腎炎の治療

腎盂腎炎では、抗生物質や抗菌薬などにより、薬物療法が基本となります。

急性腎盂腎炎の場合、1~2週間で治せる場合もありますが、慢性腎盂腎炎になると、腎不全を引き起こる恐れもあるため、早期発見・早期治療が重要となります。

腎臓がん

悪性の腎腫瘍のことを、腎臓がん(腎がん・腎細胞がん)といいます。

初期にはほとんど症状が現れませんが、がんが大きくなると、血尿、腹部の痛み、腹部のしこりなどの症状が現れます。

腎臓がんの原因

腎臓がんの3大リスクファクターとして、「肥満」「高血圧」「喫煙」が挙げられます。

喫煙は他のがんのリスクも高めますが、特に腎臓がんに影響を与えるとされています。

喫煙者と非喫煙者を比べた場合、2倍以上リスクが高くなるといわれています。
また、肥満も注意が必要で、肥満傾向にある方と、そうでない方を比べると、腎がんの発生率が4倍程度違うとされています。

そのため、腎がんを予防するためには、生活習慣の改善により、肥満、高血圧、喫煙といったリスクファクターを取り除くことが大切です。

高度な超音波検査技術で小さな異変も見逃しません

正確な診断で早期発見・早期治療に努めます

正確な診断で早期発見・早期治療に努めます

腎臓のお悩みに対しては、まずはエコー検査を実施して、「なぜ症状が起きているのか?」「腎臓に結石がないか?」「腫れや腫瘍はないか?」など、詳細に観察して正確に診断します。

エコー検査を行ったところ、腎臓がんが見つかったというケースもあります。

「腰から背中にかけて痛みがある」という場合でも、様々な原因疾患が考えられますでの、その原因を追究して明らかにすることが、一番重要となります。

ちょっとした症状の奥に、重篤な疾患が隠れている場合もありますので、気になることがありましたら、安易に自己判断せずに、専門家の診断を受けるようにしましょう。

当院の院長は、尿路系超音波診断を得意としていて、豊富な経験・実績、高度な超音波検査技術を有しています。

小さな異変も見逃さず、正確に診断して、病気の早期発見・早期治療に努めます。

top

ウェブ予約

0667648818